TH-LocalServer

■利用規約・免責事項
・本ソフトウェアは、だれでも無料で使うことができます。
・本ソフトウェアにより発生したトラブルの責任を一切負わないことをご了承ください。
・本ソフトウェアの著作権は 平田寿浩 に帰属します。

平田寿浩
( 2019/7/16 ) [ Ver.1.1 ]
Zip ( 42.3KB )
TH-LocalServer_v1-1.zip


[ Microsoft Visual Studio 2017 ]
[ THLIB ]


Zip ( 769KB )
thssub.zip


TH-LocalServer  [ ティーエイチ・ローカルサーバー ]
本ソフトウェアは[ THLIB ]を使ってC言語で作成しました。

これは、軽量ローカルサーバーで、WEB用のPython( CGI )・PHPやHTMLの作成・テストに使えます。
Python PHP は簡単な設定で対応できます。

HTML,javascriptなどスクリプト系(Python, PHP)を使わないのであればこのサーバーのみで対応できます。
コンフィグファイルでドキュメントルート、IP, ポート、スクリプトEXEパスを設定します。


サーバー設定 thls_conf.ini
[Document Root]
サーバー内ディレクトリに作られたpublic_htmlフォルダにhtmlやPythonのファイルを置く場合、設定しなくても使うことができます。
d_root=

Pythonを使いたい場合、Python EXE までのフルパスを設定します。
3つの方法で設定することができます
1、Python.exeのあるディレクトリまでのパス。
2、Python.exeそのもののフルパス。
3、PCの環境変数でパスが通っている場合 python とだけ書くのでも有効です。
文字列はダブルまたはシングルクォーテーションで囲むのも有効です。
Python3を使うことを想定しいます、Python2でもUTF-8で書かれたものなら使えるとおもいますが確認していません。
py_path=

PHPを使いたい場合、php-cgi EXE までのフルパスを設定します。
3つの方法で設定することができます
1、php-cgi.exeのあるディレクトリまでのパス。
2、php-cgi.exeそのもののフルパス。
3、PCの環境変数でパスが通っている場合 php-cgi とだけ書くのでも有効です。
文字列はダブルまたはシングルクォーテーションで囲むのも有効です。
それに加えてPHPの場合[ thssub.exe ]を別途必要とします。
TH-LocalServer_v1-0.exe と同じディレクトリに置いてください。
php_path=

IPは( 127.0.0.1 )を使ってください。
192.168.0.*のようなIPも使えますがあくまでWEBアプリの動作テスト以上の使われ方を想定していません。
[IP]
IP="127.0.0.1"

[Port]
Port=80


GET送信 ( 可 )
POST送信 ( 可 ) [ application/x-www-form-urlencoded ][ multipart/form-data ]
マルチパート送信にも対応しているので、ファイルアップロードも試してみることができます。
Cookie クッキー ( 可 )

■有効拡張子
.php .py .pyc .cgi .html .htm .css .js .gif .jpg .jpeg .png .ico .swf .txt
[ .py -> プレーンファイル ][ .pyc -> バイトコードファイル ]
.py拡張子の他に、.cgi拡張子を使うこともできます。





■使い方

▼サーバー停止方法
サーバー自体はEXEを起動すればサーバーはスタートしますが、停止についてはルートディレクトリにインデックスファイルがない状態では ファイルリストが表示されていますが、そこには、サーバーストップボタンも表示されています。 そのボタンを押すことでサーバーを停止することができます。 サーバーのコンソールウインドウを閉じるとアプリケーションは終了しますが、ソケットが閉じない可能性があるのでできるだけサーバーストップボタン で終了するようにしてください。



▼ファイルの設置とアクセス
PythonやHTMLなどのファイルは ( public_html ) フォルダ内に置きます。
【ドキュメントルートは thls_conf.ini で任意に設定できます】

・例1
public_html に index.html を置いた場合の有効なアクセス方法
http://127.0.0.1/index.html
http://127.0.0.1/
http://localhost/index.html
http://localhost/

上記いずれも可能。

・例2
public_html に( test )というフォルダを作り、 そこに index.html を置いた場合の有効なアクセス方法
http://127.0.0.1/test/index.html
http://127.0.0.1/test/
http://localhost/test/index.html
http://localhost/test/

上記いずれも可能。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。