« PHP7用のWEB/CONSOLE/WINDOWSスクリプトをEXE化できるソフト | トップページ | ThオッズコアJV »

2016年1月11日 (月)

Python3.6のためのローカルサーバー

■利用規約・免責事項
・本ソフトウェアは、だれでも無料で使うことができます。
・本ソフトウェアにより発生したトラブルの責任を一切負わないことをご了承ください。
・本ソフトウェアの著作権は 平田寿浩 に帰属します。

平田寿浩
( 2017/7/17 ) [ Ver.1.0 ]



[ Microsoft Visual Studio Express 2015 ]
[ Python3.6 ]
[ WinBinder ]

テスト用に簡易掲示板スクリプトを同梱しているのですぐに試してみることができます。
THpy-LocalServer  [ ティーエイチパイ・ローカルサーバー ]
本ソフトウェアは[ Python / C API ]を使ってC言語で作成しました。

このローカルサーバーは、WEB用のPython3( CGI )やHTMLの作成・テストに使えます。

パソコンに( Python3.6 )が別途インストールしてある必要があります。
そのような環境であれば、特別な設定をする必要もなく、すぐにPython3スクリプト( CGI )をブラウザを通して実行してみることができます。

ループバックアドレス( 127.0.0.1/localhost )について。
このサーバーは個人がWEBプログラムの動作確認を行う目的で作成されたものですが、
LAN接続でPCにプライベートIP( 192.168.x.x )が割り当てられている場合プライベートIPでの接続も可能となっています。
外部から接続するにはローカルサーバー側のPCのファイアウォールでパブリック許可する必要があります。

GET送信 ( 可 )
POST送信 ( 可 ) [ application/x-www-form-urlencoded ][ multipart/form-data ]
マルチパート送信にも対応しているので、ファイルアップロードも試してみることができます。

■有効拡張子
.py .pyc .cgi .html .htm .css .js .gif .jpg .jpeg .png .mp4 .flv .txt .apk .zip .7z
[ .py -> プレーンファイル ][ .pyc -> バイトコードファイル ]
.py拡張子の他に、.cgi拡張子を使うこともできます。


■使い方

▼サーバー起動方法
ソフトを起動し、コントロール画面の起動ボタンを押します。 起動後、コントロール画面はタスクトレイに移動して消えます。





▼サーバー停止方法
タスクトレイのアイコンをクリックしてコントロール画面を呼び出します。 そして、コントロール画面上の任意な場所をクリックすると停止確認のダイアログが出るので「はい」を押して停止します。 サーバーを停止しなければソフトを終了できません。



▼ファイルの設置とアクセス
PythonやHTMLなどのファイルは ( public_html ) フォルダ内に置きます。
【ドキュメントルートは conf.ini で任意に設定できます】

・例1
public_html に index.html を置いた場合の有効なアクセス方法
http://127.0.0.1/index.html
http://127.0.0.1/
http://localhost/index.html
http://localhost/

上記いずれも可能。

・例2
public_html に( test )というフォルダを作り、 そこに index.html を置いた場合の有効なアクセス方法
http://127.0.0.1/test/index.html
http://127.0.0.1/test/
http://localhost/test/index.html
http://localhost/test/

上記いずれも可能。

« PHP7用のWEB/CONSOLE/WINDOWSスクリプトをEXE化できるソフト | トップページ | ThオッズコアJV »

Python」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Python3.6のためのローカルサーバー:

« PHP7用のWEB/CONSOLE/WINDOWSスクリプトをEXE化できるソフト | トップページ | ThオッズコアJV »